おすすめの記事

小林よしのり「こんな幼稚な安倍晋三を妄信するネトウヨは真の底から馬鹿」


無残!安倍訪朝だったのか

「朝ナマ」で憲法9条の「加憲」問題を全然議論しなかったのは、田原総一朗が北朝鮮に異常にこだわっているからだ。

田原氏が安倍晋三に政治生命を賭けた行動を進言したらしいと聞いていたが、それは「安倍訪朝」だということが判明した。

多分、「訪朝して平和条約を結んで、一気に北朝鮮問題を解決したら、後世に名を残すぞ」と言ったのだろう。

安倍晋三は朝鮮総連と深い関係だから、そのルートを使えば、金正恩と直接対話ができるということか?

そしてなんでウーマンラッシュアワーの村本が出ていたのか不思議だったが、「北朝鮮との対話」を主張させるための仕込みだった。

だがアメリカが、この緊張状態で、安倍晋三の「対話路線」を許すのか?

さらに、韓国大統領との対話は蹴られたのに、日本が出し抜くことを韓国政府が許すか?

核ミサイルの開発を金正恩は絶対に止めない。

これはアメリカが説得しても無理である。

なのに、なんで日本が説得できるのだ?

もし「安倍訪朝」が実現したら、金正恩に何を「見返り」で渡すつもりか?

そしてプーチンに騙された失敗外交が、また繰り返されるのである。

自称保守&ネトウヨって、こんな幼稚な安倍晋三を妄信して、真の底から馬鹿だよなあ。


http://blogos.com/article/240078/

小林よしのり プロフィール


小林 よしのり(こばやし よしのり、1953年8月31日 – )は、日本の漫画家、評論家。「よしりん企画」社長、「ゴー宣道場」主催。
福岡県福岡市出身(出生は大野城市)。本名、小林善範(読み同じ)。福岡大学人文学部フランス語学科卒業。
1976年に『ああ勉強一直線』を投稿しデビュー。『東大一直線』『おぼっちゃまくん』などのヒット作を持つ。
小林よしのり – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・じゃあアナタは誰がいいと思うんですか?

・こいつは誰とたたかってるんだ

・もう完全に病んでるよね、この人

・ミサイルで盛り上がってる今の時期に訪朝は流石に無茶ぶり過ぎるだろw

・「おまえのかーちゃんでーべーそ」と同じレベル。かつては第一線で活躍するギャグ漫画家だったのに悲しいな

コメント http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1502566702/

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!