おすすめの記事

東大寺の国宝・法華堂にハングルなどの落書き 奈良 → ネットの反応「ただただ残念だわ」「うんざりなんだよ」


東大寺の国宝・法華堂にハングルの落書きか 奈良

奈良県警は8日、奈良市にある世界遺産・東大寺の国宝・法華堂で、ハングルなどが落書きされているのが見つかったと明らかにした。文化財保護法違反の疑いで調べている。

県警によると、落書きがあったのは法華堂礼堂の高欄(欄干)の側面。8日午前に東大寺の職員が見つけた。県警は周辺の防犯カメラの映像を調べる。

法華堂は天平12(740)年から同19(747)年のころの建立といわれ、東大寺最古の木造建築。前部の礼堂は鎌倉時代の建造。


http://www.sankei.com/west/photos/170808/wst1708080096-p1.html

東大寺盧舎那仏像


東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)は、奈良県奈良市の東大寺大仏殿の本尊である仏像。一般に奈良の大仏として知られる。 聖武天皇の発願で天平17年に制作が開始され、天平勝宝4年に開眼供養会が行われた。その後、中世、近世に焼損したため大部分が補作されており、当初に制作された部分で現在まで残るのはごく一部である。
東大寺盧舎那仏像 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・オレ犯人わかったわ

・いつものネトウヨの自演だなw

・ただただ残念だわ

・うんざりだ。ほんとにもう・・・・うんざりなんだよ

・今時はどこにでも防犯カメラあるからね。そのうち犯人がわかるだろう

・あいつら入国させるなよ

コメント http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502199821/

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!