おすすめの記事

小林よしのり「蓮舫代表の記者会見に感動した!産経新聞やネトウヨこそ、日本から叩き出すべき国辱野郎どもだ!」


蓮舫代表の記者会見に感動した

今日、台湾の蔡焜燦さんの訃報があった。
わしの『台湾論』にも出てきたが、何度も会って、日本と台湾の友好を確認し合った仲だった。
お悔やみ申し上げます。

さて、民進党・蓮舫代表記者会見を最初から最後まで見た。
戸籍公開に疑問を持っていたが、この記者会見は凄かった。
まったく素晴らしかった!
わしは蓮舫を見直した。実に好感を持った。

蓮舫の父親は「元日本人」ではないか!
戦後は台湾の中で、蔡焜燦さんと同じ、「本省人」だから、国民党に好感を持つわけがない。

蓮舫の母親は「日本人」であり、すると蓮舫は「元日本人」と「日本人」の夫婦の子供ではないか!
産経新聞や、劣化保守どもは、台湾人の、しかも本省人(元日本人)を排外的に扱うなんて、信じられない馬鹿だ。

産経新聞や自称保守系の雑誌では、李登輝を「元日本人」と共感を持って取り上げてるくせに、蓮舫の父親を完全外国人と見做すなんて、日本人ではない!
産経新聞や「アゴラ」やネトウヨこそ、日本から叩き出すべき国辱野郎どもだ。

産経新聞の奥原とかいう奴は、「ネットでは三重国籍の噂がある」なんて言ってたが、恐るべき阿呆だ。
よく新聞記者なんかやれるな?
中国籍と台湾籍を一緒に取ることなんか出来るわけがない。
中国と台湾の緊張関係のことも知らないのか?
そもそもネットの噂に惑わされるような、知性ゼロの奴が新聞記事を書いてるのか?

しかし、蓮舫の説明は凄かった。
自分のアイデンティティーが定まらぬモデル時代を、まだ未熟だったと言ったのも良かった。
誰だって未熟な時代があり、成長していくのだ。

安倍晋三があんなに見事に説明責任を果たしたことはない。
いや、説明責任を果たせるほど、日本語がうまく操れないのである。日本語が未熟なのだ。
だが、蓮舫は実に微細な点まで、日本語を操って説明してみせた。相当な能力である。

しかも、産経新聞やアゴラという、イジメ目当てのストーカーにすら、安倍首相のように「ああいう人たち」扱いをしなかった。
ちゃんと誠実に応えていた。
大したものだ。わしは蓮舫を支持する。党首にふさわしい。


https://yoshinori-kobayashi.com/13559/

小林よしのり プロフィール


小林 よしのり(こばやし よしのり、1953年8月31日 – )は、日本の漫画家、評論家。「よしりん企画」社長、「ゴー宣道場」主催。
福岡県福岡市出身(出生は大野城市)。本名、小林善範(読み同じ)。福岡大学人文学部フランス語学科卒業。
1976年に『ああ勉強一直線』を投稿しデビュー。『東大一直線』『おぼっちゃまくん』などのヒット作を持つ。
小林よしのり – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・あの会見は右からも左からも評判悪いだろw

・やっすい感動だな

・感動する要素あったっけw

・コウモリおじさんの小林よしのりが言うことはやっぱ違うな。上西小百合とコンビを組めば良いのに

・こいつは常に「時代の逆張り」をしてきただけ。

・あの会見は、私は違法行為をしたけど故意じゃないから問題ない。って堂々と会見したわけだが、それって政治家としてどうなの?

・小林は思想や思考に基盤ができてない単なるひねくれ者だったんだろ。

コメント https://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1500542039/

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!