おすすめの記事

市川海老蔵 妻・麻央さんの入院先と法廷バトルに突入か? 結論出るまで治療費(3000万円以上)の支払い拒否


市川海老蔵 妻・麻央さんの入院先と法廷バトルに突入か?

6月22日に妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが亡くなった、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵だが、最後に麻央さんが入院していた病院に対して訴訟も辞さない構えであることを、発売中の「女性自身」(光文社)が報じている。

麻央さんは14年2月、人間ドッグで乳房の腫瘍を指摘され、同10月に再度受診。乳がんの告知を受けたが、その時点ですでにがんは脇のリンパ節にも転移していた。

その後、当時32歳とまだ年齢が若かったこともあって、がんの増殖は止まらず。

そこで、同誌によると、16年2月、都内の大病院に入院。

しかし、海老蔵はその病院で指示された治療法に納得ができず、昨年7月、日本有数の私立総合病院に転院したという。

その病院では、さまざまな治療を受け、当初は麻央さんが拒否していた手術も受けたが、一向に回復せず。5月29日には在宅医療に切り替えていた。

麻央さんの死後、海老蔵は最初の検診や治療方針が誤っていたのではないかと主張。

麻央さんが入院していた個室の値段は1泊5万円。さらには、保険適用外の新薬による治療も受けたため、治療費の総額は3000万円以上。

しかし、病院側に治療方針が正しかったかの確認・再検証を求め、その結論が出るまで治療費の支払いを止めている状況。

不信感を募らせ、訴訟も辞さない構えだというのだ。


http://npn.co.jp/article/detail/92330085/

市川海老蔵 プロフィール


十一代目 市川 海老蔵は、歌舞伎役者、俳優。歌舞伎名跡「市川海老蔵」の当代。屋号は成田屋。定紋は三升、替紋は杏葉牡丹。本名は堀越 寶世。旧名は堀越 孝俊。愛称に「海老さま」、「海老ちゃん」がある。亡妻はキャスターでタレントの小林麻央。身長176cm、体重80kg。血液型はAB型。星座は射手座。
生年月日: 1977年12月6日 (39歳)
生まれ: 東京都
配偶者: 小林 麻央 (2010年から)
子供: 堀越 麗禾、 堀越 勧玄
両親: 十二代目 市川 團十郎、 堀越 希実子
市川海老蔵 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・誤診がなければ生きてたと思うと許せないな

・言われた通り3か月後にちゃんと検査行って、すぐに手術を受ければ生きていたと思う。最悪8か月後になったとしても、その時点で手術を受けても延命にはなったと思う

・虎ノ門を訴えるならわかるが、なぜ入院した先を訴えるんだ?

・最後の手術が死期を早めた可能性があるんだってさ。本当か知らんけど

・なんだよ、海老蔵はどうしちゃったんだよ? 明らかな医療ミスでもないのに、訴訟すんのは止めた方がいいんじゃないの。 これも巡り合わせと思えないからなんだろうけど、早く受容できるといいね。

コメント http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1500378358/

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!