おすすめの記事

産経・阿比留瑠比「朝日・毎日では“存在しなかった”加戸氏証言。マスコミは今後、いよいよ信用を失い、軽蔑の対象となっていくのだろう」


行政がゆがめられた実例とは 朝日・毎日の紙面では“存在しなかった”加戸氏証言 論説委員兼政治部編集委員・阿比留瑠比

衆参両院で10日に開かれた学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐる閉会中審査の白眉は、加計学園誘致を進めた加戸守行・前愛媛県知事の証言だったのは間違いない。

「愛媛県にとっては、12年間加計ありきだった。今さら1、2年の間で加計ありきじゃない」

「10年間、我慢させられてきた岩盤規制にドリルで穴を開けていただいた。『ゆがめられてきた行政が正された』というのが正しい発言ではないか」

加戸氏はこう切々と述べ、文部省(現文部科学省)時代の部下であり、首相官邸の意向によって「行政がゆがめられた」と主張する前川喜平・前文部科学事務次官に反論した。

これまでの経緯を熟知する当事者の言葉は重く、説得力があった。テレビで国会中継を見た多くの人は、加戸氏の説明にうなずいたのではないか。

ところが、在京各紙の翌11日付朝刊を読むと、加戸氏の発言の扱いは小さかった。特に朝日新聞と毎日新聞は、閉会中審査に関して大きく紙面を割いたにもかかわらず、一般記事の中で1行も加戸氏を取り上げなかった。

まるで、自分たちの安倍晋三政権批判の筋書きに合致しない加戸氏の証言は、存在しなかったかのようである。半ば予想していたことではあったが、あまりの露骨さに恐れ入った。

(略)

 ただでさえ「マスゴミ」と呼ばれるようになって久しいマスコミは今後、いよいよ信用を失い、軽蔑の対象となっていくのだろう。

森友学園や加計学園をめぐる一連の報道を見るに付け、その懸念は深まるばかりである。


http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180003-n1.html

▼関連記事

【衝撃】産経・阿比留瑠比「東京新聞編集局長から〝安倍なんか取材しなくてもいいからとにかく安倍を叩け〟と指令が出たと。どこがジャーナリズムなんだ!」(※動画あり)

阿比留瑠比 プロフィール


阿比留 瑠比(あびる るい、1966年3月4日 – )は、日本の政治部記者、産経新聞社政治部編集委員。
生年月日: 1966年3月4日 (51歳)
生まれ: 福岡県 太宰府市
学歴: 早稲田大学政治経済学部
阿比留瑠比 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・サンデーモーニングでさえ数秒は流したのにな。

・産経と朝日両方読め

・マジで言っててワロタww 産経すごいなww

・少なくとも産経は両者の言い分を載せてるからな

・ネットで真実とかねーよwと思っていたけど、報道しない自由をここまでやられると考えが変わるな

コメント http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1500338302/

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!