小沢一郎「自民に対する批判の受け皿になるため、既存の野党が一本化すれば次の選挙は圧勝だ」


自由 小沢代表 「オリーブの木構想」実現を

自由党の小沢代表は、東京都内で講演し、次の衆議院選挙について、自民党に対する批判の受け皿を作るため、野党勢力が結集して、小選挙区で候補者を一本化するとともに、比例代表では統一名簿を作成すべきだという考えを示しました。

この中で、小沢代表は、先の東京都議会議員選挙について、「自民党の都政に対する不満がうっせきしている中で、小池知事がチャンスをつかみ、都議選でも圧勝した。国民が『自民党に代わる受け皿になりうる』と思ったとたん、自民党をはるかにりょうがする支持票が集まることが立証された」と述べました。

そのうえで、小沢氏は、次の衆議院選挙について、「新しい政党を作るのがベストだが、既存の政党が1つの傘のもとでやる『オリーブの木』しかない。
そうなった時点で圧勝だ」
と述べ、自民党に対する批判の受け皿を作るため、野党勢力が結集して、小選挙区で候補者を一本化するとともに、比例代表で統一名簿を作成する、いわゆる「オリーブの木構想」を実現すべきだという考えを示しました。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170717/k10011062101000.html

小沢一郎 プロフィール


小沢 一郎(おざわ いちろう、1942年〈昭和17年〉5月24日 – )は、日本の政治家。自由党所属の衆議院議員(16期)、自由党代表。
自治大臣(第34代)、国家公安委員会委員長(第44代)、自由民主党幹事長(第26代)、新生党代表幹事(初代)、新進党党首(第2代)、自由党党首(初代)、民主党代表代行、民主党代表(第6代)、民主党幹事長(第9代)、国民の生活が第一代表(初代)、生活の党と山本太郎となかまたち共同代表(初代)などを歴任。
小沢一郎 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・またやんのかよw

・お呼びでない人が出てきちゃったよ

・まーた同じこと言ってる

・お前じゃ無理だ

・何回目だ

・目的の為には手段を選ばず そして目的を忘れる

・成功体験が忘れられない人がここにも

・自分からちりとりに纏めてくれるなんて助かりますわ

コメント http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1500274329/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!