ビートたけし、メディアの政治報道を批判「あまりにも取り立て過ぎる」→ ネットの反応『たしかにそうだ…』


ビートたけしが政治報道に苦言 議員の些細な発言を「取り立て過ぎる」

16日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、ビートたけしがメディアの政治報道に対して批判した。

この日は、自民党幹事長を務めた経験を持つ山崎拓氏、武部勤氏のふたりを招いて、昨今の自民党に喝を入れていた。

番組終盤では、たけしがメディアの政治報道に対して意見した。たけしは地方の講演会や飲み会などで議員がこぼしたささいな発言を「あまりにも取り立て過ぎるという気がする」と、メディアに苦言を呈したのだ。

たけしは議員の仕事ぶりや行動に問題があれば別であると前置きしつつ、メディアが議員の言葉尻を切り取りことさら大きく報じている、と指摘したのだった。


http://news.livedoor.com/article/detail/13347370/

ビートたけし プロフィール


ビートたけし(1947年1月18日 – )は、日本のお笑いタレント、コメディアン、司会者、映画監督、漫才師、俳優、脚本家である。本名:北野 武(きたの たけし)。タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑い芸人BIG3の1人として称される。日本国外では本名名義の映画監督・北野 武としての知名度が極めて高い。
東京都足立区島根出身。オフィス北野所属。
ビートたけし – Wikipedia

▼関連動画リンク – ビートたけしのTVタックル ※51:00~

https://youtu.be/04oN7tXdIEI?t=3061

▼twitterの反応


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!