おすすめの記事

池上彰がテレビ局の「忖度」の裏に安倍政権の圧力があることを明言! → ネットの反応「本当に政権から圧力あったらもっと大騒ぎしてるだろ」


池上彰氏が安倍政権のマスコミへの圧力を証言「毎日のように抗議」

(前略)
また、池上氏はネット右翼による放送局への抗議電話、いわゆる「電凸」についても、このように語っている。

「さらに深刻なのは『電凸』です。

『電話で突撃する』という意味のインターネット用語ですが、一般の読者や視聴者が、気に食わない報道があると、スポンサー企業に一斉に抗議電話をかける。

『不買運動をする』なんて言われるとビックリするんですね。

昨年6月に自民党の議員が、マスコミを懲らしめるためにスポンサーに圧力をかけることを提案して、問題になりました。

それも実際にはすでに行われているんです」

「現代的に言うと『反知性主義』という言葉に言い換えることができるのではないでしょうか。

冷静に議論をするのではなく、『マスゴミ』『反日』と罵倒して、数の力で封殺する。その状況でも冷静に立ち止まって議論することが、メディアの役割ですよね」

(略)

ネトウヨの「電凸」に放送局が屈するとは、それこそ涙が出るほど情けない話だが、しかし、この「電凸」にしても、自民党、とくに安倍氏周辺が下野した時代に、自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC)というかたちでネトウヨを組織し、その下地をつくってきたものだ。

そして、第二次安倍政権が成立すると、自民党や安倍政権にちょっとでも批判的な報道をしたら、J-NSC会員や安倍シンパのネトウヨたちが大挙してネットや「電凸」で抗議を展開するという体制ができあがってしまった。

池上氏も「朝日ジャーナル」の対談で、この大量の抗議の流れに安倍政権の影響があることを示唆している。

「第1次安倍政権(06~07年)の時に、メディアへの抗議が増えたんです。ところが、安倍さんが辞めた後にパタリとなくなりました。

福田政権、麻生政権、民主党政権の時は抗議が大量にくるようなことはなかった。それが第2次安倍政権(12年~)になって復活しました」


http://news.livedoor.com/article/detail/11729568/

池上彰 プロフィール


池上 彰は、日本のジャーナリストである。東京工業大学特命教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事。 かつてはNHKで、社会部記者やニュースキャスターを歴任。
生年月日: 1950年8月9日 (66歳)
生まれ: 長野県 松本市
池上彰 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・はいリテラソース

・おれは ”忖度” の意味を間違えていたかもしれない。

・リテラは忖度の意味が分かってなさそう。

・こんな記事が出せるなんてゆるゆるですね

・池上彰も日本会議を霊視出来る人だったのか(´・ω・`)

・もしかして抗議と忖度を間違えてる????

・本当に政権から圧力あったらお前らもっと大騒ぎしてるだろ

コメント http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500205139/

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!