おすすめの記事

オーストラリアの議員、二重国籍で9年間議員活動し辞職!帰化時に手続き済みと誤解…→ ネットの反応「どこかの誰かはどうすんだ?」


豪議員、二重国籍で辞職=帰化時に手続き済みと誤解

【シドニー時事】オーストラリアの野党・緑の党に所属するスコット・ラドラム上院議員(47)は14日、二重国籍と知らずに過去9年間、議員活動をしていたとして、議員を辞職した。

移民国家の豪州では二重国籍は珍しくないが、議員の二重国籍は憲法で禁じられている。

ラドラム氏はニュージーランド生まれで、幼少時に家族と共に渡豪。

グラフィックデザイナーを経て、政界入りした。ラドラム氏は14日、西部パースで記者会見し「10代で豪州に帰化した際、ニュージーランド市民権は消滅したと思い込んでいた」と説明した。

最近になり問題を指摘されたという。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000078-jij-asia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・どこかの誰かはどうすんだ?

・蓮舫さんの未来の姿ですかね

・次は蓮舫の番

・疑えば差別主義者のレッテルを貼られます

・タイミング良すぎ

・二重国籍の議員は世界じゃ普通じゃなかったのか

・おい、蓮舫、呼んでるぞ

・おい蓮舫!これが普通の対応なんだぞ

・絶対に報道しない自由

・国益のために働くのだから当然

・蓮舫とは大違い(笑)

コメント http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500016444/

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!