【日韓首脳会談】安倍首相、韓国ムン大統領に慰安婦合意の着実な履行を求める 両首脳が定期的に相互訪問する「シャトル外交」再開で合意


「シャトル外交」再開で合意 初の日韓首脳会談

安倍晋三首相は7日午前(日本時間7日夕)、ドイツで開催中の主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせ、5月に就任した韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と初の首脳会談を行った。両首脳が定期的に相互訪問する「シャトル外交」の再開で合意した。

日本政府の説明によると会談は約35分間だった。

慰安婦問題をめぐる2015年末の日韓合意について、文氏は大統領選で「再交渉」の公約を掲げて当選した。

会談で、安倍首相は「隣国であるが故に難しい問題があるのも事実だが、 こうした問題が全体の日韓関係に悪影響を及ぼさないよう適切にマネージすることが共通の利益だ」と強調。

「日韓合意は未来志向の日韓関係を築いていくための欠くべからざる基盤だ」 と合意の着実な履行を求めた。

そのうえで両首脳は、緊密な意思疎通を図っていくことを確認し、シャトル外交の再開で一致。安倍首相は、7月の東京開催が見送られた日中韓首脳会談を早期に開催し、 文氏の初来日を実現したいと伝えた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170707-00000092-asahi-pol.view-000

G20


G20(ジートゥエンティ)は、”Group of Twenty”の略で、主要国首脳会議(G7)に参加する7か国、欧州連合(EU)、ロシア連邦、および新興経済国11か国の計20か国・地域からなるグループである。

構成国・地域は、アメリカ合衆国、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国、フランス共和国、ドイツ連邦共和国、日本国、イタリア共和国、カナダ、欧州連合、ロシア連邦、中華人民共和国、インド、ブラジル連邦共和国、メキシコ合衆国、南アフリカ共和国、オーストラリア連邦、大韓民国、インドネシア共和国、サウジアラビア王国、トルコ共和国、アルゼンチン共和国である。20か国・地域首脳会合(G20首脳会合)および20か国・地域財務大臣・中央銀行総裁会議(G20財務相・中央銀行総裁会議)を開催している。主要20か国・地域ともいい、NHKでは先進国会合であるG8と区別して先進国に新興国を加えた主要20か国[3]と表現している。
G20 – Wikipedia

スポンサーリンク

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・共通の利益なんて無いから

・ネトウヨはこれどうすんの?

・どうせなんだかんだで相互訪問立ち消えるから問題ないよ。あちらの「国内事情」一つですぐ消し飛ぶ

・韓国との外交は不要。何の国益にもならないことに時間を浪費するな。 冷静に考えれば当然の事なのに、安倍はどれだけ韓国好きなんだよ。
コメント: http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1499426430/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!