朝日新聞が九州豪雨の救助活動を妨害…見出しで「救助タグ」効果を一時阻害して批判殺到…

朝日新聞が「不注意」見出し 大雨「救助タグ」効果を一時阻害

九州地方の大雨被害を受け、ツイッター上には「♯救助」のハッシュタグを付けたつぶやきが相次いで寄せられた。

このハッシュタグは、Twitter Japan社(東京都中央区)が、救助を求める投稿を発見しやすくするために使用を推奨しているものだ。

だが、今回の大雨被害を報じたメディアの一部が、「♯救助」という言葉を見出しにとった記事を配信した。こうした記事がツイッター上で拡散されたことにより、純粋に救助を求めるツイートが「埋もれてしまう」現象が起きた。


朝日新聞の「♯救助」見出し。現在はすでに変更されている(画像はWeb Archiveより)

「メディアが混乱させてる」

2017年7月5日に九州北部を襲った大雨の影響で、福岡と大分の両県では河川の氾濫や土砂崩れが相次いだ。

さらには、冠水被害によって身動きがとれなくなったとして、「♯救助」タグを付けたツイッター投稿を通じて救援を求める動きも出ていた。

そんな中、朝日新聞(ウェブ版)は7月6日未明、

「ツイッターに救助要請相次ぐ 可能なら『♯救助』つけて」

と題した記事を配信した。その後、朝日新聞公式ツイッターアカウントも、見出し付きで記事を紹介するツイートを投稿していた(すでに削除済み)。

この朝日新聞の記事では、ツイッター社の公式サイトの記述を引用し、救助要請ツイートを投稿する際の注意点をまとめている。その中では、投稿時に「できれば、ハッシュタグ #救助 をつける」という記述も紹介していた。

だが、こうした記事が、逆に「♯救助」タグの効果を減少させてしまった。この記事がツイッター上で拡散されたことで、「♯救助」タグの検索欄に、記事をリツイートした一般ユーザーのつぶやきが表示されるようになったのだ。

記事の配信先であるポータルサイトの影響も含め、結果として、純粋に救助を求める意図で投稿した「♯救助」付きのつぶやきが、記事に関連するツイートによって埋もれ、6日朝現在では見つけにくい状況となってしまった。これに対しツイッター上では、

「朝日新聞デジタルの記事がRT(=リツイート)され過ぎで肝心の救助ツイートが検索しにくい」
「タグ検索してもこの記事で埋め尽くされてる」
「災害時にメディアが混乱させてるってあり得ない」

などと問題視する声が出た。

https://www.j-cast.com/2017/07/06302623.html

朝日新聞


朝日新聞(あさひしんぶん、英語: The Asahi Shimbun)は、日本の日刊の全国紙。朝日新聞社が編集・発行する新聞で、同社のメイン新聞である。販売部数は、日本国内では読売新聞に次ぐ業界2位。
朝日新聞 – Wikipedia

スポンサーリンク

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・福知山線事故の時もヘリで心音センサーの邪魔をしたマスゴミ

・救助求めてる人のツイッターに画像使わせろと突撃する鬼畜だからな

・不幸な事件や事故、災害が起きると全力で足を引っ張る仕事をします。それが日本のマスゴミ

・混乱させて被害を拡大し記事にするまでが朝日の魂胆

・マスゴミにとっては被害拡大こそ利益につながるからな

・助けてと言ってる人たちに写真使わせろとか話聞かせろとか本当に最低だったね

・捏造、歪曲、言いがかり、嘘、誇大表現、印象操作
日本人を苦しめ日本を破壊するためには、手段を選ばない

コメント:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499348531/








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事