反中国で干されたリチャード・ギアが見せた気骨 自主製作作品で自身の過去最高の評価 → ネットの声「この人はマジで根性ある」


反中国で干されたリチャード・ギアが見せた気骨 自主製作作品で自身の過去最高の評価

【LA発】

「リチャード・ギア最高の演技」(NYタイムズ)と、全米メディアがこぞって絶賛しているのが、4月に公開された主演作「ノーマン」(原題)。

続く5月公開の「ザ・ディナー」(原題)も好評で、ギアの「立てつづけの勝利」に、留飲を下げた映画評論家も多いのでは。

というのも、彼は数々の反中国発言で、かの国からにらまれ、「チャイナ・マネーに頼るハリウッドから干されている」と報じられたからだ。

窮地のギアが、インディペンデント(自主製作)作品で自身の過去最高の評価を受けるのは皮肉な話だが、映画ファンにはうれしいニュースだ。

「アメリカン・ジゴロ」「プリティ・ウーマン」「シカゴ」など数々のヒット作で知られるスターで人権活動家のギア。

反中国の姿勢が公然となったのは、1993年のアカデミー賞にプレゼンターとして登場し、用意されたスピーチを無視して中国のチベット民族迫害を批判した時。政治的すぎると非難され、授賞式から出禁になった。

しかしダライ・ラマと親交の厚い仏教徒のギアは、めげずに北京五輪のボイコット運動など人権活動を続けてきた。

そのため中国は彼を敵視。「中国人監督と打ち合わせ後、監督にある筋から電話が入り出演がドタキャンになったことも」とギアは雑誌のインタビューで明かしている。

もし従わなければ監督と家族は二度と中国から出られず、監督は職を失うことになっただろうという。

米国に次ぐ興行成績世界第2位の映画大国の中国は、数年後には米国を追い越すとも。中国資本の大量投下で、ハリウッドはギアの起用を拒絶する中国の意向に従わざるをえないようだ。

中国が過去最大の巨費を投じた映画「グレートウォール」に大物マット・デイモンが主演するなど、蜜月度は増す一方だが、それもあちら好みの大作の話と言える。

「長年働いてきたおかげで、今、好きな映画が作れる」とギアはインディーズ作品に入れ込む。前出の「ノーマン」はNY生まれのイスラエル人、ヨセフ・シダー脚本・監督作品で、NYのフィクサーを描く政治コメディー。「ザ・ディナー」はギア演じる政治家と、高校教師の弟との確執を描くスリラーだ。

今年67歳とはいえ、まだまだセクシーなギア。小品ながら大人の心をつかむ2つの秀作に、彼の気骨を感じた。 (板垣眞理子)


http://news.livedoor.com/article/detail/13290560/?_clicked=social_reaction

リチャード・ギア


リチャード・ティファニー・ギアは、アメリカ合衆国の俳優。ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。アイルランド系。
生年月日: 1949年8月31日 (67歳)
生まれ: アメリカ合衆国 ペンシルベニア州 フィラデルフィア
身長: 180 cm
配偶者: キャリー・ローウェル (2002年 – 2016年)、 シンディ・クロフォード (1991年 – 1995年)
子供: ホーマー・ジェームズ・ジグミー・ギア

スポンサーリンク

▼twitterの反応


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!