森友・加計学園問題で維新・足立議員「野党4党が騒ぐほどの問題ではない」


森友・加計学園問題で維新・足立議員「野党4党が騒ぐほどの問題ではない」

24日放送の『みのもんたのよるバズ!』に出演した社民党副党首の福島瑞穂・参議院議員は「臨時会を開くべきだと思う。前川さんは国会に行ってもいいと言っているのだから、彼を証人喚問すればいい。安倍昭恵さんも証人喚問すればいいじゃないですか」と野党4党の立場を説明する。

 これに対し、日本維新の会の足立康史・衆議院議員は「やったらいいと思う。ただ、野党がレッテル貼り、揚げ足取りを続けるのであれば、やっても仕方がない。森友も加計も、”もり蕎麦”、”かけ蕎麦”だと揶揄されるくらい、野党4党は何が問題だと思っているか、あっちもこっちも食べ散らかしていまだに分からない」と論戦に臨む野党の姿勢を批判。

「なぜ野党4党がスキャンダルばかり追及するのかというと、政策論争になると野党だけでなく、民進党もバラバラになるから。国会はいまだに55年体制の亡霊のように、万年与党と万年野党が国対政治ばかりをやっている。そういう政治に終止を打つべきだ」と指摘した。

 加計学園問題についても「脇が甘かったかもしれないが、野党4党が騒ぐほどの問題ではない。ずっと放ったらかしになっていたのをテーブルの上に載せたのは鳩山内閣。枝野大臣、蓮舫大臣のときに検討が始まり、引き継いだ安倍総理になって、岩盤規制にドリルで大きく穴を開けた。すると、民進党の玉木雄一郎さんは大きく開きすぎたと言ってきた」とコメントした。


http://news.livedoor.com/article/detail/13262422/?_clicked=social_reaction

スポンサーリンク

▼足立議員のツイッター

▼twitterの反応


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!