おすすめの記事

砂浜に打ち上げられたクジラの口から溢れる大量のゴミ…衝撃的な光景から知る海洋ゴミ問題の深刻さ


打ち上げれたクジラの死骸の口には大量のごみが!

海洋ごみ問題の深刻さを訴える衝撃の光景をうつした画像が話題になっています。

フィリピン・カビテ州にあるリゾートビーチに突然姿を表したのは、全長3メートル以上の巨大なクジラの死骸、開かれた口からは大量のごみが飛び出しており、内臓が飛び散り痛々しさに目をそらしてしまいそうになります。

こちらが実際の画像

衝撃的な光景ですが、よく見ればわかる通り、このクジラは本物ではありません。

少しホッとされた方も多いと思いますが、海洋ごみ問題の深刻さを伝える目的で、このオブジェは作られたのです。

環境保護NGO団体グリーンピース。彼らはプラスチックごみが引き起こす海洋汚染について世界に訴えるため、考えて辿り着いたのが、この作品展示という斬新な方法。

昨年ヨーロッパで発見された、30頭のクジラの死体から着想したといいます。

スポンサーリンク

口から出ているおびただしい数のごみはすべて海から出てきたもので、飛び出した内剛部分もプラスチック容器やペットボトル、シャンプーやリンスなどの試供品の袋をそのままの形で使用し、リアルな内臓を作り上げています。

世界中の海には2億50000万トンもの海洋ごみがあるとされており、その約6割がフィリピン、タイ、中国、インドネシア、ベトナムなどで排出しています。

フィリピンがこのようなオブジェを公開したのも、海洋ごみ問題の深刻さを世界中の人たちに届ける為なのです。

オブジェが公開されてから、世界中の人たちが本物のクジラの死骸と見間違い、驚きの声と熱い議論がSNS上でされています。

この問題を他人事ととらえるか、当事者ととらえるかは人それぞれですが、この海洋問題は我々人間がもたらしている問題です。

何気なく自分だけなら大丈夫だろうと海にごみを捨てると、それが海を汚し、海洋生物に影響をもたらします。

それは絶対に自分たちの首を絞める結果になるでしょう。

一人一人のちょっとした決断が、海洋生物を守ることに繋がるのです。

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!