おすすめの記事

韓国人だけがかかる病気「火病(ファビョン)」 米国精神医学会に公式に登録される


韓国人だけがかかる病気とは? 米国精神医学会も認める正式な病気

韓国のオンラインコミュニティに「韓国人だけかかる病気」というタイトルの記事が掲載され、またそれを韓国のニュースサイトが取り上げた。その病気の名前は「火病(ファビョン)」といい、悔しい気持ちを抑えられずに生理機能の障害などで頭痛や胸が苦しくなる精神疾患症状。

これは韓国のみに存在する文化固有の障害であり、米国精神医学会で発表した精神疾患の診断と統計マニュアル書籍であるDSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)では、病名を韓国表記でHwa-Byong(つぼと同音)と公式登録した。医学会でも韓国特有の文化症状群と定義している。

このような文化固有の障害は心理的な症状だけではなく、具体的な身体化症状も引き起こす。この症状を治療するために、病院を探しても、原因の特定は難しく神経性症状と診断される場合が多い。

韓国で「火病」を抱えて居る多くの人は50代の女性だという。この統計から、男性(旦那)の権威に対して家庭内での自分の感情を抑制しすぎて症状がでるのだという。また家庭内で自分の主張を話すことができず、目上の者に服従する韓国のトップダウン文化も「火病」を誘発している。

「火病」と言えば日本のネットで「ファビョン」や「ファビョる」などとスラングのように使われており、都市伝説扱いされているが実は正式な病名であった。また韓国だけで無く、マレーシアやインドネシアの人がかかる病気、アムク(Amuk)というものも存在。

これは国から感情が抑圧された生活を送っているため、限界になると他人に暴行を加えたり最悪の場合は殺人を犯すというもの。日本では「中二病」と呼ばれているものがあるが、これはスラングであり正式な病名では無い。


ソース:https://www.psychiatry.org/
http://gogotsu.com/archives/30565

スポンサーリンク

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・日本って韓国が嫌いなあまりに韓国について嫌でも詳しくなってるよな

・詳しくなったから嫌いになった、元々は完全に無関心な存在だった

・これだな。子供の頃はなんとも思ってなかった。インターネットが普及してマスコミが報道しないことを知るようになってからだな

・韓国起源が増えて良かったな

・よかったじゃん 韓国人おめでとう!
コメント: http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1498259494/

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!