民進党の離党ドミノが止まらない!蓮舫氏の代表辞任も急浮上 → ネットの反応『安倍批判してる場合じゃなくなったな…』

民進党の離党ドミノが止まらない 蓮舫氏の代表辞任も急浮上

民進党中枢の崩壊が止まらない。4月に憲法改正問題で細野豪志氏が代表代行を辞任したのに続き、6月7日、役員室長の柿沢未途衆院議員が辞表を提出した。理由は、柿沢氏の妻である現職都議の幸絵氏が離党表明したため

前回の代表選で蓮舫氏を担いだ主流派から、離反が相次いでいるのだ。

「中でも柿沢氏は、江田憲司氏のグループでしたが、真っ先に蓮舫氏支援にはせ参じ、その論功行賞として役員室長に抜擢された側近と見なされていました」(民進党関係者)

だが、党が実施した都議選の調査では、妻は当選圏外。

「慌てた柿沢氏は、泥舟から逃げ出したのでしょう。かわいそうなのは、離党表明前日まで応援に入っていた民進党の秘書たちで、激怒していました」(同前)

都議の離党ラッシュは今に始まったわけではない。今年に入り、都議選の公認候補16人が離党、ほぼ全員が小池百合子都知事率いる都民ファーストの会の推薦、公認を得ている。

12日には、民進党都連は公認を取り消した14人の離党届を受理し、幸絵氏ら2名の除名処分を発表。お膝元の都連はもはや機能不全に陥っており、当選圏内入りをうかがう公認候補は数人程度という有様だ。

「柿沢氏は小池氏との連携に期待して、妻を離党させた。都議選後に、都民ファの国政政党ができれば、東京都の民進党国会議員も雪崩を打つでしょう」(同前)

http://bunshun.jp/articles/-/3005

▼関連動画

民進党・蓮舫代表定例会見 2017年6月15日

スポンサーリンク

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・東京に帰りたくない!中国に残りたい!蓮舫氏が中国のSNSで公式コメント

・初めてみたスパイ確定やん

・民進党もいつまであの馬◯を代表に据えるのだろうか

・蓮舫は辞めないだろ。権力にすがりたいだけのダブルスタンダートだし自分をエリートと思ってる無能で周りが全く見えてない典型

・頑張れ民進党!現実に負けるな!

・蓮舫だけ残してあと全員やめたら?

・安倍批判してる場合じゃなくなったなw








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事