おすすめの記事

若者を叩きまくる高齢者は「シルバー主義」 関口宏の発言に城繁幸氏が苦言


若者ってなんで変化を求めないの?と思った時に読む話

今週のメルマガの前半部の紹介です。先日放送されたTBSサンデープロジェクトで、司会の関口宏氏(73歳)がこんな感じの発言をして話題になりました。

「若者は安定よりも変化を求めるべきではないか」

なんでも、上の世代より政権支持率が高いことに苦言を呈したんだとのこと。ついでに東大の姜尚中センセイ(66歳)もこんなこと言われてます。

「未来に希望がないから、現状にしがみついている」

個人的にはちょっとビックリしましたね。へーそういう見方も世の中にはあるんだなと。筆者はむしろ、現役世代や現政権の方がいろいろ変化させようとしている側であり、上の世代が現状維持しようとしている方だと考えてましたから。

ネットで話題になっているということは、同じような違和感をもった人たちが少なからずいた、ということでしょう。

こういう世代間の認識のギャップはなぜ生じるんでしょうか。そして、なぜなんだかんだ言われつつも現政権の支持率はたいして落ちないんでしょうか。

(略)

まとめると、現在の経済政策を巡っては右か左かという対立軸はあんまり意味が無くて、本当の対立軸というのは成長という果実を求めて前進しようとする若い世代と、心地よい現状を維持したいという高齢者の間に存在するということです。

後者の中には、一応は自分で保守だリベラルだと名乗ってる人も多いですけど、そういうのは全部ひっくるめて「時計の針を進ませたくない人たち=シルバー主義」とでも思っておいてください。

で、何かことが起こるたびに「冷静時代のイデオロギー」というカビの生えたふりかけをかけてそれっぽく語る老知識人が群がり、サンモニみたいな化石メディア上で床屋談義してるというのが実情でしょう。


全文はこちらから http://blogos.com/article/230440/

関連記事

先週の“若者批判”に続き、今週は『国民は本当にいろいろ考えないと…』? → サンデーモーニングに批判殺到(※動画あり)

サンデーモーニングでの発言が「若者を馬鹿にして見下している!」と話題に… → 高校生「指図される筋合いない。不快感しか無い」(※動画あり)

城繁幸


城 繁幸(じょう しげゆき、1973年5月10日 – )は山口県出身の作家、人事コンサルタント。株式会社ジョーズ・ラボ(Joe’s Labo)代表取締役。ワカモノ・マニフェスト策定委員会のメンバー。
城繁幸 – Wikipedia

スポンサーリンク

▼twitterの反応

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!