男性は「顔面打撲傷・左上腕挫傷」…安倍チルドレンの豊田真由子代議士が前代未聞の振る舞い!秘書が告発へ!(※音声あり)

安倍チルドレン「豊田真由子」代議士の“絶叫暴行”を秘書が告発

 2012年の選挙で初当選し、現在2期目を務める自民党の豊田真由子代議士(42)。安倍チルドレンの1人でもある彼女は、秘書に罵声を浴びせた上に暴行を加える、前代未聞の振る舞いをしていた。

***

豊田代議士の暴行を告発するのは、彼女の事務所で政策秘書を務めていた男性(55)である。

殴る蹴るハンガーで叩くといった暴行は断続的に行われ、男性には「顔面打撲傷」「左上腕挫傷」等の診断書が出されている。

男性は通常国会会期末の6月18日付で秘書を辞したが、

「最初に暴力を振るわれた5月19日、私は彼女から『鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!』『お前の娘にも危害が及ぶ』とも告げられていました。言い知れぬ恐怖を覚え、翌日から万が一に備えて車内の様子をICレコーダーで録音することにしたのです」(秘書男性)

「週刊新潮」編集部は、その40分超の音声を入手。そこには、車を運転する男性への、豊田代議士の大絶叫と暴行の証拠が記録されていた。


豊田真由子代議士(42)
〈豊田代議士:この、ハゲーーーーーっ!

豊田代議士:ちーがーう(違う)だろーーっ!

(ボコッという打撲音)

 男性:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

 豊田代議士:違うだろーーーーーーーっ!!!

音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」といった暴言、秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。秘書男性は、警察に被害届を出すという。

取材に対し、豊田代議士の事務所は暴行について〈手をあげてしまった〉と認め、〈お見舞金〉という金銭での解決を目指しているとした上で“通り魔”等一部の録音内容については否定した。

***

6月22日発売の「週刊新潮」では、豊田代議士による「絶叫暴言」「暴行傷害」の具体的な中身について詳しく報じる。

また「週刊新潮Twitter」、「デイリー新潮」にて音声の一部を公開する。

「週刊新潮」2017年6月29日号 掲載
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170621-00522881-shincho-pol

豊田真由子 プロフィール


豊田 真由子(とよた まゆこ、1974年10月10日 – )は、日本の厚生官僚、政治家。衆議院議員(2期)、内閣府大臣政務官(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)、文部科学大臣政務官、復興大臣政務官。学位は修士(ハーバード大学・2002年)。自由民主党女性局次長・青年局次長・国会対策委員会委員。
金融庁総務企画局課長補佐、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官、厚生労働省老健局課長補佐、衆議院議員(1期)などを歴任。
豊田真由子 – Wikipedia

▼音声がこちら

スポンサーリンク

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・またすごいのが出て来たな

・これはやりそうな顔してますわ

・一部否定とかどんだけ往生際悪いんだこのキチガイ

・すげえなこのオバハン。なんかのプレイかと思ってしまったわ

コメント: http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1498036521/








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事