我那覇真子さん 国連人権理事会スピーチ原稿を公開(※スピーチ動画あり)


我那覇真子さんが、国連人権理事会スピーチ原稿をSNSで公開しました。

▼我那覇真子さんのツイート

我那覇真子 プロフィール


我那覇 真子(がなは まさこ、1989年8月10日 – )は、「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員、日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター、元編集者。
我那覇真子 – Wikipedia

▼公開された画像

▼英文

▼日本語

▼文字起こし

国連人権理事会
スピーチ原稿 日本語訳
我那覇真子

私は日本の沖縄県から来た我那覇真子です。私は沖縄の現状を報告すると共に、暴力的な反基地活動家、山城博治が15日に国連の場を悪用しようと試みていることを皆様に報告したいと思います。

沖縄では、地元住民の人権と表現の自由が外からやって来た基地反対活動家や共産革命主義者、さらには偏向したメディアによって脅かされています。

彼らは、自分たちの人権と表現の自由を盾に、考えが反対の人たちの人権と表現の自由を抑圧しているのです。

その1人である山城は威力業務妨害、公務執行妨害、不法侵入、傷害などの複数の犯罪で逮捕され、現在保釈中です。

彼こそが人権と表現の自由を脅かしている張本人です。その彼が人権理事会に現れるのは、皮肉なことです。彼は、日本政府が人権と表現の自由を脅かしているとスピーチするでしょう。

しかし、それは真実ではありません。それどころか刑事被告人である彼が日本政府に渡航を許可され、国際組織で話すことが許されているという事自体が、日本では人権と表現の自由が尊重されていることを証明しています。

私は国連の正義と公平性に信頼し、皆様が沖縄の真実を理解し、必要であれば山城や活動家たち、偏向したメディアを非難するなど、正しい対処がなされることを信じています。被害者を代弁し、感謝申し上げます。

▼動画はこちら(※06:22~)

スポンサーリンク

▼ネット上の反応


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!