おすすめの記事

動物の殺処分を担当する保健所の元職員「どうかシッポを振らないでくれ…」想いを綴った文章に涙が止まらない。


どうかシッポを振らないでくれ・・・

動物愛護センターや保健所に犬が連れてこられると、その後、飼い主からの連絡を待つ期間が数日間あります。

その犬が飼い主とはぐれてしまったペットであれば、飼い主が必死になって探しているかもしれないからです。

保健所で犬が保護されているこの期間、犬たちの世話をするのは保健所の職員たちの仕事です。

犬だけでなく猫も同様です。

餌をやり、便を片付け、外に出してやったり、頭を撫でてやったり、慣れない場所で犬たちが安心できるようできる限りのことをしてやるそうです。

その待ち期間が終わりを告げると、飼い主からの連絡がなかった犬の中には譲歩されるチャンスが与えられる犬もいます。

新しい家族が見つかれば幸いですが、見つからなかった場合、日本ではその犬の命の終わりを意味します。

犬についての正しい勉強を怠った自分(飼い主)を見つめ直して下さい。

毎週、数日間とはいえ、可愛がっていた犬たちを殺処分へと送り出さなければならない職員の心境がどんなものか、考えたことはありますか?

こちらは以前Facebook にシェアされ話題となった、保健所で動物の殺処分を担当していた職員の視点から書かれた文章です。

▼文章がこちら(※下に文字起こしあり)

スポンサーリンク

▼文字起こし

「『金曜日の朝、どうかシッポを振らないでくれ』~保健所の現場から~

私は、金曜日の朝が辛いです。

数日間なれど、飼い主からの連絡を待ちながら、飼い主の代わりに世話をしています。

飼い主を捜したり、餌を与え、便の後片付けをし、日光浴をさせ、頭をなでてやり、限られた時間で出来るだけの情を注いでいます。

情を注げば可愛く思えてきます。

金曜日は殺処分(一部譲渡)するために大分へ犬を運びます。

情をかけた子(犬)を送りだすときの、我々職員の心境を考えてみて下さい。

金曜日の朝、私の心は、こうです。

シッポを振りながら私を見ないでくれ!

「餌の時間かな?」、と疑いのない目で見ないでくれ!

遊ぼうってすり寄らないでくれ!

子(犬)は、殺処分したくない。

憎しみで牙をむいて吠えてくれ。

・・・その方が、私の心は痛まずにすむから。

今から殺処分されるのに

・・・親しそうな目で見ないでくれ!

最後の最後まで人間を信じている

・・・「俺たちは、お前達を殺処分するんだぞ!」

・・・シッポを振らないでくれ。

私達職員は、胸が締め付けられます。

その時が金曜日です。

「憎しみで吠えられた方が気分が楽になる」

この心境、分かりますか?

保健所に殺処分をゆだねる前に、愛犬との楽しかった時期を思い出してください。

愛犬は、最後の最後まであなたを信じているはずです。

愛犬が粗相をしたとしても、多くの場合、飼い主がしつけを怠ったケースが多く、責任を愛犬になすりつけないで下さい。

犬についての正しい勉強を怠った自分(飼い主)を見つめ直して下さい。

元 大分県北部保健所 衛生課 生活衛生環境班
イラスト:(故)工藤 毅 文:渡辺 徹」

 

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!