おすすめの記事

【ブーメラン】蓮舫代表「再調査しないのはという姿勢は、疑惑深めるだけ」→ ネットの反応「よくわかってんじゃん」


民進 蓮舫代表「再調査しないのは疑惑深めるだけ」

6月8日 18時19分

民進党の蓮舫代表は、記者会見で、国家戦略特区での大学の獣医学部の新設をめぐり、政府が文部科学省で文書の再調査をしないのは疑惑を深めるだけだと批判したうえで、文部科学省の前の事務次官の証人喚問を求めるなど政府への追及を続ける考えを強調しました。

この中で蓮舫代表は、学校法人「加計学園」が国家戦略特区で計画している大学の獣医学部の新設に関連して「文部科学省内で文書の調査を行うことが、国民の信任に応える仕事だ。

一切再調査もせず『もうこれ以上話すことはない』という姿勢は、何かを隠したいと思えてならず疑惑をより深めるだけだ」と述べ、政府の対応を批判しました。そのうえで、蓮舫氏は「『この問題はもう幕引きにしたい』という政府の極めて後ろ向きな姿勢に強く抗議する。

引き続き、予算委員会の集中審議や文部科学省の前の事務次官の証人喚問などを求めて事実を確認していきたい」と述べ、行政がゆがめられていないかどうか明らかにするため政府への追及を続ける考えを強調しました。

官房長官「信ぴょう性よくわからない文書」
菅官房長官は午後の記者会見で、「当初報道にあった文書は、出所や入手経路が不明のもので、信ぴょう性もよくわからない文書だった。少なくとも私の関係で書かれている部分は、文書に書かれているような説明を受けた覚えはないし、私の補佐官に確認したところ、『関係者の顔さえ知らない』ということだった」と述べました。

また、菅官房長官は「文部科学省の調査結果では存在が確認されず、内閣府に聞いたところ、『官邸の最高レベル』とか『総理のご意向』と言った事実はないということだ」と述べました。

そのうえで菅官房長官は、記者団が「怪文書だという認識に変わりはないか」と質問したのに対し、「出所、入手経路が不明のものであり、信ぴょう性がよくわからない文書であることに変わりはない」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170608/k10011011081000.html

民進党・蓮舫代表定例会見 2017年6月8日 ※3:14〜

スポンサーリンク

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・よくわかってんじゃん、だからさっさと戸籍出せよ

・二重国籍問題の事ですかぁ?

・もうブーメラン刺さるとこ無いんじゃないか?

・党内で誰か止めようとは思わないのか!?

・ブーメランが多すぎて追いきれないよ 休みなく投げるの止めてくんない?

コメント: http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1496913840/

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!