櫻井よしこ氏 小池都知事をバッサリ「都民ファーストの会こそ忖度都議会」

櫻井よしこ氏が小池氏ぶった斬り!「ファーストの会こそ『忖度都議会』」 “決断できない知事”からの脱皮促す

 ジャーナリストの櫻井よしこ氏が5日付の産経新聞の連載コラム「美しき勁き国へ」で、東京都の小池百合子知事を厳しく批判し、「決断できない知事」からの脱皮を促した。

櫻井氏の批判は、小池氏の環境相時代から、地域政党「都民ファーストの会」を使った政治手法にまで及んだ。小池氏周辺から聞こえるという、豊洲新市場の更地売却構想には「何と尊大か」と切り捨てた。

櫻井氏は4月の同欄に「小池百合子知事の姿が菅直人元首相とつい重なってしまう…豊洲移転の政治利用は許されない」という、「史上最悪の宰相」の名前まで使った痛烈なタイトルのコラムを執筆し、ネット上で賛否を巻き起こした。

今回は、それ以上の反響がありそうだ。

まず、櫻井氏は、「孫子の兵法」好きの小池氏は《偉大な東京市長、後藤新平に匹敵する足跡を残したい》のだろう《大いに結構だ》と記した。

そのうえで、《そうした待望、野望の実現には優れた構想、節目節目の賢い決断、そして指導力がなくてはならない》《都知事就任から10カ月、いまだ構想を示し得ず、決められない知事であり続ける限り、21世紀の後藤新平は見果てぬ夢ではないか》と、小池氏の姿勢に疑問を投げかけた。
http://news.livedoor.com/article/detail/13165430/

櫻井よしこ プロフィール


櫻井 よしこ(さくらい よしこ、1945年(昭和20年)10月26日 – )は、日本のジャーナリスト、ニュースキャスター。
国家基本問題研究所理事長、「21世紀の日本と憲法」有識者会議代表、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共同代表。本名は櫻井 良子(さくらい よしこ)。
以前は本名の「櫻井良子」名義で活動していたが、1994年4月に平仮名で「櫻井よしこ」との表記に改めた。
櫻井よしこ – Wikipedia

スポンサーリンク

▼twitterの反応








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事