『24時間テレビ』は必要?莫大な利益を生み出演者にギャラが出る、不思議なチャリティー番組


2015年8月の24時間テレビ放送後に公開されたこちらの記事。もう一度振り返ってみましょう。

チャリティーを謳うに値しない、笑えない実態

まず納得いかないのは、チャリティーなのに出演者にギャラが発生するということ。

このことは、さまざまなところで漏れ伝わってきており、もう周知の事実という段階まで来ている。

「週刊誌記事は鮮烈でした。メインパーソナリティを務めた嵐には5000万円、マラソンを走った大島美幸には1000万円、司会の羽鳥慎一と上戸彩には500万円のギャラが生じている、と報じています。

対して、日テレは『基本的にはボランティアで務めていただいている。しかし、拘束時間の長い方など、場合によっては謝礼という形でいくらかのお支払いをしている』と回答。

高額なギャラについては否定する構えをみせましたが、過去にマラソンを走った萩本欽一が『だって、ギャラがいいんだよ。(指を2本たてて)これだもん』と2000万のギャラがあったことを暗に示し、炎上した過去があります。

また、出演者だけでなく、24時間テレビは制作会社に支払われるカネも通常よりいいと評判です」(週刊誌記者)
出典 http://news.livedoor.com

スポンサーリンク

「募金して下さいね~」って、毎年、アイドルや人気タレントたちは笑顔をふりまいているが、それに心を動かされた健気な子どもたちがささやかなお小遣いを持って来る様子を見て、心痛まないのだろうか。

少なくとも僕の中では、そのアイドルや人気タレントの好感度はだだ下がりだ。

いつもテレビにいろいろクレームをつけるPTAの皆さんには、この問題にこそ立ち上がってもらいたいとさえ感じる。

ページ:

1

2

▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!