おすすめの記事

「目的のない努力ほどムダなものはない」・・・野村克也が語る「努力がムダ」になる理由。


目的のない努力ほどムダなものはない

野村さんは監督時代、ミーティングで繰り返し選手に言った言葉があった。

「目的のない努力ほど、ムダなものはない」

プロの野球選手はみんな目的意識を持って練習に取り組んでいると思っている人もいるだろうが、「ただバットを振ったり、数多く投げるだけで明確な意図のない練習をしている選手は意外と多い」のだという。

しかも、これは何も今に始まったことではなく、昔からだというのだ。

明確な目的意識を持って野球に取り組んでいるかどうかは、練習している姿を見れば一目瞭然だ。

「たとえば右打者が打撃練習に取り組んでいたとする。打撃投手が投げてくるボールをすべて思い切りレフト方向に引っ張っているのは、打者が単に気持ちよく打っているに過ぎない。ではいざ真剣勝負の試合になったときに、相手投手が打撃練習のときと同じようなボールを投げてくるかといえば、そんなことはまずありえない。相手は打ち取ろうと思って必死に投げてくるし、練習のときと同じような会心の当たりが飛ばせるかなんて、10打席立って1回あるかないかだ」

プロ野球選手の大半は、打撃練習が好きだという。

投手のボールをバットの芯でとらえ、遠くに飛ばしたときの快感こそが、打撃の醍醐味であると感じているからだ。

だが、練習のときからいい当たりを飛ばしていたからといって、必ずしもそれが試合の結果につながるわけではない。

投手は相手の苦手なコースを攻め、捕手は「いかに打ちとろうとするのか」と配球に腐心するからだ。
努力は正しい方向性でしなければ報われない

スポンサーリンク

野村さんは次のような練習は有効だと語る。

ページ:

1

2 3
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!