おすすめの記事

試合中に倒れた韓国人サポーターを日本人が救う ネットで称賛


意識失い倒れた韓国人サポーターを居合わせた日本人看護師が救う=韓国で「命の尊さの前に国籍も人種もなかった」と称賛

 2017年5月28日、韓国で開かれている20歳以下(U-20)サッカーワールドカップ(W杯)観戦に訪れた日本人看護師の行動が韓国で話題になっている。韓国・フットボールリストが伝えた。

ソウルから程近い水原(スウォン)ワールドカップ競技場で26日、同大会の韓国対イングランド戦が行われたが、試合終盤、応援席にいた韓国人女性が意識を失い倒れる騒動があった。

目撃者の話によると、近くにいた韓国チームサポーターらが関係者に緊急事態を知らせ医療スタッフを要請したが、3万人を超える観客の中、競技場の医療スタッフが患者の元に到着するまでに5分を要したという。

幸いなことに、この日韓国サポーターの一人として応援していた日本人女性は、豊富な医療知識を備えた看護師だった。彼女はすぐさま患者の元に駆け寄って容体をチェックし、日本語の通訳ができる韓国人女性も駆け寄った。

こうして迅速かつ適切な応急処置が行われたおかげで、倒れた患者は呼吸を回復して意識を取り戻した。その後、到着した競技場の医療スタッフに患者を引き継ぐと、看護師の女性は静かに観客席に戻ったという。

倒れた女性は、韓国チームサポーターの地域クラブに所属するメンバーだった。彼女は競技場近くの大学病院に搬送され処置を受け回復した。

この日の試合で現場の応援を担当していた地域クラブの支部長は「すぐに駆け付けてくれた日本人女性に深く感謝を申し上げたい。おかげで緊急事態をうまく乗り越えることができた」と感謝の言葉を伝えた。

記事は、救護に当たった日本人女性を「赤いユニフォームを着た白衣の天使が水原ワールドカップ競技場を訪れた。生命の尊さの前に国籍も人種もなかった。危急な状況に現れた美しい行動が命を救った」と紹介した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「ありがとう」「本当にいい仕事をしてくれた」「素晴らしい」「美しい話だ」「日本人が1人の命を救ってくれた」「素敵だ」など、感謝や称賛の言葉が寄せられた。(翻訳・編集/三田)
http://news.livedoor.com/article/detail/13127622/

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!