厚生労働省からも注意喚起を行っている『アニサキス食中毒』をみなさんはご存知でしょうか?

アニサキスって何?

アニサキスは寄生虫(線虫)の一種です。


その幼虫(アニサキス幼虫)は、長さ2~3cm、幅は0.5~1mmくらいで、白色の少し太い糸のように見えます。
アニサキス幼虫はサバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類に寄生します。
魚介類の内臓に寄生しているアニサキス幼虫は魚介類が死亡すると、内臓から筋肉に移動することが知られています。

食中毒といったらウイルスや細菌をイメージする方が多いと思いますが、実は「アニサキス」という寄生虫が引き起こす食中毒です。

そんな『アニサキス食中毒』について分かりやすく説明した漫画が話題になっているのでご紹介します!

アニサキスの一生

その漫画を描いたのは、アメブロユーザーのひろりんさん。

早速、ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事