おすすめの記事

未だ説明を拒む蓮舫代表の対応に注目が集まる! 自民・小野田きみ議員が「米国籍喪失証明書」公開。


19日、自民党の小野田きみ参議院議員は【国籍についてのご報告】という内容をフェイスブックに投稿しました。

この投稿で「日本の法においての日本国籍選択と米国籍放棄手続き」及び「アメリカの法においての国籍離脱手続き」が全て終了したことを報告し、「アメリカ国籍喪失証明書」の画像も合わせて公開しました。

▼facebookに投稿された内容

【国籍についてのご報告】
昨年、皆様に大変ご心配をおかけいたしました私の国籍の件につきまして、あらためてご報告申し上げます。
以前フェイスブックに書かせて頂いた通り、
義務である「日本国籍選択と米国籍放棄手続き」については立候補前の平成27年10月に終えておりましたが、
努力義務である「外国の法においての国籍離脱」という手続きについては、当時進行中で終了しておりませんでした。
大変時間がかかりましたが、この度アメリカ合衆国から
2017年5月2日付での「アメリカ国籍喪失証明書」が届きました。
これにより「日本の法においての日本国籍選択と米国籍放棄手続き」及び「アメリカの法においての国籍離脱手続き」全て終了いたしましたことをご報告させて頂きます。
国政を担う身として、皆様にご不安とご心配をおかけしてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。

小野田 紀美


小野田 紀美(おのだ きみ、1982年12月7日 – )は、日本の政治家である。自由民主党所属の参議院議員(1期)。元東京都北区議会議員(2期)。

2016年10月、参議院議員に当選後、アメリカ合衆国と日本の二重国籍状態にあることが判明した。

参院選に立候補する以前から、二重国籍状態であることは把握しており、日本国内でアメリカ合衆国の国籍を放棄する手続きを行ったが、アメリカ合衆国へは手続きを行っておらず、日本国籍選択時の「外国籍離脱の努力義務」を怠り、参議院議員当選後も二重国籍状態が継続していた。

前月、民進党代表に就任した蓮舫にも台湾と日本の二重国籍問題が報じられており、小野田の事務所は「(蓮舫氏の二重国籍問題の)報道を機に確認したところ、米国で国籍放棄の手続きをする必要があることを知った。

小野田紀美 – Wikipedia

スポンサーリンク

▼ネット上のコメント

・二重国籍(多重国籍)でないことを証明することは 「悪魔の証明」でもなんでもなく可能なんだよ 証明する気があれば

・蓮舫はよ戸籍だせや

・蓮舫も喪失証明を公開したら? 戸籍謄本?は嫌なんでしょ

・蓮舫は怪文書をコピペしてる場合じゃないな とっとと議員になる前に二重国籍じゃなかったことの証明をするんだ

・蓮舫は離脱どころか選択もしていないだろ?

・高須院長の裁判の時は戸籍必要なんだよね?

・高須が絶対勝てるってそういうことかよ

・国会議員は細かい収支から色々と公開されてるのに戸籍を出せないのがおかしな話

コメント元: http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495201428/

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!