おすすめの記事

野党4党 金田法相の不信任決議案を提出


野党4党 金田法相の不信任決議案を提出

 民進党、共産党、自由党、社民党の野党4党は、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案の成立を阻止しようと、金田法務大臣に対する不信任決議案を衆議院に共同で提出しました。不信任決議案は、18日に開かれる衆議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党などの反対多数で否決される見通しです。

「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案を審議する衆議院法務委員会は、17日午前に理事会を開きました。
この中で、民進党と共産党は「採決を行わないことを確約しなければ、きょうの質疑に応じられない」と主張しましたが、与党側は「確約はできない」という考えを重ねて示しました。

これを受けて、民進党、共産党、自由党、社民党の野党4党は、法案の採決を阻止しようと、金田法務大臣に対する不信任決議案を衆議院に共同で提出しました。
決議案では「金田大臣は、『共謀罪』法案をめぐり、真摯(しんし)に説明責任を果たそうという責任を放棄しているうえ、所管の法務行政に著しく無知・無理解で、もはや法務大臣の任に能(あた)わないことは明白だ」などとしています。

これを受けて、衆議院法務委員会は、17日は開かれませんでした。

一方、衆議院議院運営委員会は、理事会で金田大臣に対する不信任決議案の取り扱いを協議し、18日に衆議院本会議を開き、採決を行うことで与野党が合意しました。決議案は、自民・公明両党などの反対多数で否決される見通しです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170517/k10010984481000.html

スポンサーリンク

▼ネットの反応

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!