高須克弥氏 韓国特使の日韓合意をめぐる発言に怒り「従うわけない。ボケ」

高須克弥氏 韓国特使の日韓合意をめぐる発言に怒り「従うわけない。ボケ」

16日、高須クリニック院長の高須克弥氏が、自身のTwitter上で、日韓合意における韓国特使の、「『第3の道』必要」発言に怒りを露わにした。

中央日報日本語版は15日、「青瓦台、日本派遣特使の「慰安婦合意『第3の道』必要」発言を一蹴」と題した記事を報じていた。

記事によると、日本に派遣される特使に内定した文喜相氏が、慰安婦問題における日韓合意について「破棄や再交渉ではなく『第3の道』が必要だ」と発言した一方、青瓦台(大統領府)がこれを「公式化した内容ではない」と一蹴したことを伝えている。

高須氏は、この記事のリンクを貼った上で、「約束を守らない無頼の徒に『新たな大きな合意』なんか要求されて、唯々諾々と従うわけないだろ。ボケ!」と、強い口調で非難していた。

いわゆる日韓合意は2015年12月、日韓外相会談で結ばれた日本軍の慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認」したもの。

ところが合意当初から韓国内では破棄すべきとの論があり、今月14日に国連がこの合意を「不十分」とする報告書を発表し、事実上の再交渉を勧告。韓国では元慰安婦支援団体を中心に「合意を破棄しなければならない」と主張する声が広がっていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13070260/

スポンサーリンク

▼ネットの反応








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事