おすすめの記事

【実話】女子大生が自分を採用してくれた人事部長を地下鉄で見かけた。しかしこの後、内定を自ら辞退する事に…


愛知県名古屋市の市営地下鉄で、実際に起きた出来事。

大学4回生の女子大生が、卒業旅行のために中部国際空港へと向かい電車に揺られていました。

4年間、必死に勉学に励み、自分がどうしても入社したかった企業への内定も貰えた彼女。

空港で友人と待ち合わせをする予定だったため、大学最後の楽しい想い出作りに心踊らせながら、一人電車の道中を過ごします。

ふと、途中の停車駅で、乗り込んで来た中年男性を見て、彼女はハッとしました。

たまたま、彼女に内定を出してくれた、人事部長が同じ車両に乗車してきたのです。

この偶然が、後にこの彼女にとって将来が大きく変わる出来事に発展するとは、この時想像も出来ませんでした。

卒業旅行に向かっていたという事もあり、かなりの軽装だった彼女は、スーツ姿の人事部長を見て、「少し今の姿を見られるのは気まずいな」と、特に挨拶しにいく事なく、そのまま電車に乗っていました。

すると、人事部長が下車するであろう、会社の最寄り駅まで残り3駅となった時、一人のおばあちゃんが乗車してきました。

80代前半で腰も曲がっているのに、かなり大きなデパート袋を持っているおばあちゃん。

私は立ち乗りだったため席を譲る事が出来ませんでしたが、目の前にいる人事部長が席を譲ってくれるかな?なんて思って少し顔を上げました。

すると、おばあちゃんの目の前にいる人事部長は、驚く行動に移ります。

なんと、そのおばあちゃんを見るや否や「サッ」と目を逸らし、下を向き寝たフリをし始めたのです。

スポンサーリンク

それならまだしも同時に、もう少し詰めれば座れそうな自分の横スペースに、足下に置いてあった自分のビジネスバッグを隣に置いて一切座れない様にスペースを埋めたのでした。

彼女の中で怒りと憤りと情けなさがグッと高まりました。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!