民進党「共謀罪法案、強行採決なら法相不信任決議案!」


民進・江田氏 「テロ等準備罪」強行採決なら法相不信任案も

 民進党の江田代表代行は記者会見で、与党側が「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案の衆議院での採決を強行すれば、金田法務大臣に対する不信任決議案の提出も検討する考えを示し、与党側をけん制しました。

この中で江田代表代行は、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案について、「内心の自由を侵しかねないものだ。テロ対策の美名のもと、きれいな包装紙で『毒まんじゅう』を包めば国民は食べてくれるだろうという安倍総理大臣の常とう手段だ」と批判しました。

そのうえで、江田氏は与党側が法案を来週中にも衆議院を通過させたいとしていることについて、「採決が強行されれば、金田法務大臣に対する不信任決議案の提出も当然、視野に入ってくる」と述べ、けん制しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170512/k10010979261000.html

スポンサーリンク

▼ネットの反応

ページ:

1

2

▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!