ガレッジセールのゴリがテレビから消えてしまう…沖縄基地についての発言で“プロ市民”からクレーム殺到 

「ガレッジセール」ゴリ テレビからなぜ消えた?

 かつて“沖縄芸人”として多数のレギュラーを抱える売れっ子だったお笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリ(沖縄県那覇市出身)が沖縄基地についてある発言をしたために干されてしまったという。

昨今では沖縄基地問題において“プロ市民”と呼ばれる人たちが大勢で過激なデモを行い、なかには暴徒化する人まで現れたほか、揚げ句の果てに勝手に道路を封鎖して、一般人や観光客の車を検問する暴挙に出る問題行為が目についてきた。

テレビ関係者によると「ゴリが沖縄の基地問題について『反対派の声ばかりが目立っている』と話したインタビューが問題になっている」という。
これが各テレビ局上層部の目に留まって『政治的な発言は危ない』と敬遠される原因になってしまった」ようだ。

さらに「ゴリの発言を自分たちへの当てつけと思った“プロ市民”と思われる人からのクレーム」もあるようで起用しづらい状況も生まれているという。
ある地方局では事務所の先輩の大御所芸人たちが、現状を見かねてゴリを起用する企画を出したんですが、やはり局の上層部が難色を示してボツになったという。
▶︎全文はこちら

スポンサーリンク

▼ネットの反応








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事