Share News Japan

後藤謙次「維新が修正を提案してくることで強行採決じゃなくなる。民主主義の本意に反する」(動画あり)

後藤謙次「維新が修正を提案してくることで強行採決じゃなくなる。民主主義の本意に反する」(動画あり)

報道ステーションで後藤謙次氏の発言が話題になっている。

●後藤謙次

「維新が修正を提案してくることで強行採決じゃなくなってしまう。そうすると全ての大きな法案が次から次へと成立していく。これは選挙の結果を正当に反映していない。あらゆる法案が自動的に成立してしまう。民主主義の本意に反する」

▼関連ツイート

▼動画

後藤謙次 プロフィール紹介


後藤 謙次(ごとう けんじ、1949年10月5日 – )は、日本のジャーナリスト、アンカーマン。元共同通信社記者、編集局長。東京都出身。「政治コラムニスト」「政治ジャーナリスト」の肩書きでも活動している。白鴎大学教授。
後藤謙次 – Wikipedia

▼ネットの反応

             

記事が良かったら『いいね!』をお願いします。

〈1日1クリックのご支援お願いします〉
⬇︎⬇︎⬇︎
現在第1位!

                 

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事

Return Top