北朝鮮が日本に宣戦布告「日本に核の雨を浴びせる」


「日本に核の雨を浴びせる」…金正恩氏の「脅し」に潜む本当の危険度

 北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は9日、日本の「反動層」が、朝鮮半島情勢の緊張など「安保環境の変化を口実にして憲法改正の準備作業を速めている」とする論評を掲載した。

論評は例えば、次のように述べている。「日本の反動層は北東アジア地域の安保地形が大きく揺れている今こそ、長い間かぶっていた平和憲法の帽子を脱ぎ捨てて戦争国家への突破口を開くことのできる絶好のチャンスだと見なしている」

全体の内容を要約すると、日本の安倍政権は米国のトランプ政権の対北圧迫に便乗して憲法改正を成し遂げようとしており、さらには朝鮮半島での戦争勃発さえも待望している――というものだ。

これが、相手にする価値もない「言いがかり」に過ぎないのは言うまでもない。しかしこの論評の、次のような言葉は見過ごすべきものではない。 「第二の朝鮮戦争が過去のように日本に黄金の夕立をもたらすと考えるのは、愚かな妄想である。第二の朝鮮戦争は日本に黄金の夕立ではなく、核の夕立、砲火の夕立を浴せかけるであろう」

1950年6月25日から3年にわたって繰り広げられた朝鮮戦争は、日本経済が第2次世界大戦の敗北から立ち直るための特需をもたらした。

しかし次に朝鮮半島で戦争が起きる時には、米軍基地のある日本も戦場となり、核攻撃の標的となるのは免れないだろう――このように言っているのだ。
http://dailynk.jp/archives/88377

スポンサーリンク

▼ネットの反応

ページ:

1

2

▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!