STAP細胞とは、動物の分化した細胞に外から刺激を与え、再び分化する能力を獲得させたというものであり、万能の細胞とも言われました。

腕や足の再生から育毛に至るまで、いろいろと使い途が期待され、これを発見したとされる小保方晴子さんも一躍時の人となりました。

当時は理系女子(リケジョ)や、割烹着での研究風景やらといった話題が取り沙汰された記憶があります。

しかし、状況は一変…


指導役の教授の自殺や、ずさんともいえる研究ノート、卒業論文のコピペ問題といった話題が、STAP細胞に代わって連日メディアを騒がせたのです。

その後、理研も依願退職し、身をひそめるかのようにメディアへの露出がなくなった彼女ですが、久々に姿を現した雑誌上の対談では、まるで別人のようになっているというのです。

いったいどのような感じになっているのでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事