おすすめの記事

カンニング竹山「ネット生配信は規制強化するべき。テレビはちゃんと責任を負ってる」


カンニング竹山、規制ないネット生放送に警鐘

 お笑い芸人のカンニング竹山(46)が、個人によるインターネット生配信番組のまん延に警鐘を鳴らし、規制強化を呼びかけた。

 閲覧数稼ぎのために過激な内容の動画や番組の配信が増え、事件に発展するケースも後を絶たない。8日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」では、韓国人俳優がネット番組のロケで訪れた京都のラーメン屋で誹謗(ひぼう)中傷を受けた騒動を取り上げた。

 問題の番組では、俳優がカメラを片手に店にアポなし取材を行おうとしたが、竹山は「インターネットは本当に考えていかない。発信するということは、誰かしら責任を負える人がいなきゃだめ。

テレビっていうのはロケやってても、実は我々も窮屈なところはいっぱいありますけど、画面に映る一般の方の許可をADさんがちゃんと紙持って取ったり。そういうのを全部やってる。

そんな中でも放送して問題があれば、テレビ局の誰かがクビになったり責任を取ったり」と、テレビ番組に比べて、放送上の規制や責任の所在があいまいだと指摘。

「個人が勝手に(動画を)出して、責任を負わずに、ただただ社会問題になっていく」と憂えた。
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1820055.html

スポンサーリンク

▼ネットの反応

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!