おすすめの記事

朴槿恵被告の義理の弟が日韓関係に言及「親日派のタブー視やめるべき」


朴槿恵義弟「韓国人は親日派をタブー視するのをやめるべき」

 朴槿恵前大統領の姉婿である申東旭(シンドンウク)氏(49)は、義姉の逮捕を「まるで魔女狩りだ」と憤りを隠さない。

罷免された朴氏の後任を選ぶ韓国大統領選挙で有力とされるのは、左派政党「共に民主党」の元代表の文在寅氏と中道左派政党「国民の党」の元代表の安哲秀氏だ。これからの韓国はどのような時代を迎えるのか。4月中旬の韓国ソウルでジャーナリストの竹中明洋氏が申氏に聞いた。

* * *
いまや韓国の保守は完全に冬の時代を迎え、左派政権ができるのは避けられません。保守支持層のなかには、文氏よりはマシとして安氏支持へと流れる人たちも多いようですが、安氏の出身政党である「国民の党」の現在の代表の朴智元(パクチウォン)氏は、金大中政権の大統領秘書室長を務め、北朝鮮との融和を進める太陽政策に深く関わった人です。

文氏と安氏のどちらが当選しても同じようなものだと思います。米国をはじめ国際社会が北朝鮮の核開発をやめさせるため圧力をかけている最中なのに、韓国では親北朝鮮の政権ができ、開城工業団地の再開をするかも知れない。

そんなことをすれば、またもや北朝鮮の核開発の資金源にされるだけです。1回目は騙したほうが悪いが、2回目は騙されるほうが悪い。

〈懸念されるのは、北朝鮮との関係だけではない。日韓関係の先行きはどうなるのか〉

盧武鉉政権時代には植民地支配に協力した人のリストを作る作業、いわば親日派狩りが行われ日本との関係を悪化させましたが、その狙いは、日本との国交正常化に踏み切り巨額の賠償を得て経済発展の道筋をつけた朴正煕元大統領の功績を否定することにあったのです。つまり日本との歴史問題を政治的に利用したのです。

残念ながら大統領選後に誕生する政権のもとでも政治利用の動きは必ずあるでしょう。韓日関係に暗雲が立ちこめています。

スポンサーリンク

▼続き&ネット上の反応

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!