おすすめの記事

知らないと後悔する…心筋梗塞が起こる1か月前に出る6つの前兆と症状について


心筋梗塞は日本人の3大死因の1つ言われています。

心筋梗塞

心筋梗塞(しんきんこうそく、英: myocardial infarction)は、虚血性心疾患のうちの一つ。心臓の筋肉細胞に酸素や栄養を供給している冠動脈血管に閉塞や狭窄などが起きて血液の流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態。通常は急性に起こる「急性心筋梗塞 (AMI) 」のことを指す。心臓麻痺・心臓発作(英: heart attack)とも呼ばれる。
心筋が虚血状態に陥っても壊死にまで至らない前段階を狭心症といい、狭心症から急性心筋梗塞までの一連の病態を総称して急性冠症候群(acute coronary syndrome, ACS)という概念が提唱されている。
心筋梗塞 – Wikipedia

心筋梗塞になると20分ほどで心臓の筋肉(心筋)が壊れ始め、対処が遅れると命にかかわる恐ろしい病気です。

その心筋梗塞ですが、心筋梗塞が起こる前兆と症状があるとのこと。

今回は心筋梗塞が起こる1か月前に出る6つの前兆と症状についてわかりやすくまとめられている動画からご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

▼続きは2ページ

ページ:

1

2 3
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!