産経新聞「訴えることができるものなら訴えてみろ、と改めて挑発しておきたい。」


産経ニュースが5月5日、「2017上半期 政界迷言集」という長文記事を上下に分けて掲載、この中で民進党からの抗議に対し「訴えることができるものなら訴えてみろ、と改めて挑発しておきたい」と対立姿勢を露わにしています。

  民進党が3月29日、学校法人「森友学園」(大阪市)問題と民進党の辻元清美衆院議員に関する産経新聞の記事「辻元氏 3つの『疑惑』」(28日付)に対し、柿沢未途役員室長名で出した抗議文である。

「貴紙は3月28日朝刊紙面において、辻元議員に関し、『3つの疑惑』として、籠池夫人の安倍昭恵夫人宛メールに書かれている内容やネット上に流布している流言飛語をあたかも根拠ある疑惑であるかのように報道した」「厳重に抗議するとともに、法的措置も含めた対応を検討する」

だが、先の抗議文は「政治家の疑惑を報道することが罪になる」と断じているに等しい。訴えることができるものなら訴えてみろ、と改めて挑発しておきたい。

http://www.sankei.com/premium/news/170505/prm1705050013-n3.html

スポンサーリンク

▼ネット上のコメント

●報道に圧力をかけたんだよね、民進党。

●民進党はねぇ、疑惑の総合商社なんですよ!

●辻元どこに消えたの?

●都合の悪いことを言われれば法的措置。でも自分たちの発言は自由、訴えるなんてありえない。 これをダブスタと言わずになんという。ほんと、訴えてみろと挑発すんのも頷ける。

コメント元: http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1493954112/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!