朝日新聞 「近年はネットの発達でデマやフェイクニュースが多い。ユーザのリテラシーが問われる」

災害時のデマ、惑わない・広めない 情報リテラシーが鍵

 災害が起こると、被災者が受け取る情報量は格段に減る。

こうした不安を背景に広がるデマは古くから繰り返されているが、近年はネットの発達で拡散のスピードが上がり、愉快犯のようなフェイクニュースも出回るようになった。

惑わされず、拡散者にならないためには、一人ひとりの情報リテラシーが鍵となる。

デマ拡散、被災地の教訓 善意が裏目「責めるのは酷」

デマはこれまで、平時にも広がって、銀行の取り付け騒ぎなどを度々引き起こしてきた。

災害時は得られる情報が限られるため、人々が不安になり、デマが拡散するハードルが下がりやすい。

http://www.asahi.com/articles/ASK4K74SNK4KULBJ00P.html

スポンサーリンク

▼ネットの反応








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事