零戦、日本人の手で日本の空へ 操縦士、米で訓練中

零戦、日本人の手で日本の空へ 操縦士、米で訓練中

 戦闘機「零戦」で日本の空を飛ぼうと、米カリフォルニア州で訓練している日本人がいる。ロサンゼルス近郊に住む飛行教官の柳田一昭さん(66)だ。

ブルルブンッ。

プロペラがごう音を響かせると、ふわっと機体が浮かび上がった。深緑の零戦が、遠くに消えていく。

操縦を終えた柳田さんは汗を拭きながら「感無量。軽くて操縦しやすい」と笑った。日本人パイロットによって日本で零戦を飛ばす「零戦里帰りプロジェクト」に挑戦中だ。

プロジェクトは、日本人実業家の石塚政秀さん(56)が計画した。石塚さんは、零戦1機を所有する。

1942年に製造された三菱重工製の「22型」で、パプアニューギニアで墜落していた残骸を修理したものだ。これまでも零戦が戦後に日本の空を飛んだことはあるが、操縦はすべて米国人だった。


http://news.livedoor.com/article/detail/13007377/?_clicked=social_reaction

スポンサーリンク

▼ネットの反応








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事