加藤浩次 消防団員の飲食へのクレームに苦言「文句言いすぎ」

加藤浩次 消防団員の飲食へのクレームに苦言「文句言いすぎ」

 28日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、加藤浩次が、消防団員の飲食に対するクレーマーに苦言を呈した。

番組では、愛知県一宮市で起きた消防団員の飲食をめぐる騒動を取り上げた。16日、消防団員たちが消防車でうどん店に乗りつけ食事をしていたところ、消防本部に「消防車がうどん店にあった。おかしくないか」という抗議メールが届いたとか。

消防団長は「次の予定があり、このタイミングで昼食を取るしかなかった」と、多忙ゆえの行動だったと説明し、謝罪している。しかし、消防署員ではなく、その地域の住人や勤め人たちが主体となって署員の補助を行なう消防団員だっただけに、「うどんくらい食べさせてあげてよ」という声も上がっているという。

加藤は「実際に(火事の)現場があるのに、現場に向かっている最中に、うどん食ったわけじゃないですから」「サボって行ってるわけでもなんでもないから」と、消防団員の立場に理解を示した。

そして、「ちゃんとしたことを確かめないで文句言いすぎ」と、一般人が消防署員と消防団員の区別も付かないまま、安易にクレームを入れることに苦言を呈している。

http://news.livedoor.com/article/detail/12995642/

スポンサーリンク

▼twitterの反応








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事