おすすめの記事

民進党・大西議員『VR蓮舫』について「真面目にふざけました。そんなに予算がかかったわけではない」


「率直に答えてください!」――蓮舫代表の“猛追及”を再現「VR蓮舫」に責められてきた

 
「率直に答えてください!」「もしかして血税じゃないでしょうね!?」。

国会議員に360度を取り囲まれ、民進党の蓮舫代表から厳しく問いただされる――VR(仮想現実)空間でそんな体験ができる「VR蓮舫」を、民進党がドワンゴのイベント「ニコニコ超会議2017」(4月29~30日、千葉・幕張メッセ)に出展する。「戦慄が駆け巡る」というその内容を、記者が一足先に体験してきた。

VR蓮舫は、プレイヤーが総理大臣となり、蓮舫代表から追及を受ける気分を味わえるというもの。VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「Oculus Rift」とヘッドフォンを装着すると、目の前に蓮舫代表が登場。

最初の「本物の蓮舫です」という挨拶こそ和やかなムードだったが、“とある内容”について厳しい追及を受ける羽目に。蓮舫代表がプレイヤーにぐっと顔を近づけ「どうなんですか!」と叫ぶと、周囲の議員からは「そうだ! そうだ!」とヤジが飛び、記者は思わず仰け反ってしまった。

追及中、プレイヤーは指に心拍センサーを装着し、心拍数を測定。あらかじめ測った平均値を超えるたびに「メンタル残量」(一般的なゲームのHPに相当)が減っていく。約3分間の追及を終えた時点で、どれくらいメンタルが残っているかで「総理大臣適性度」(A~Eランク)が判定される仕組みだ。

ちなみに記者は最低の「Eランク」で「恐怖に打ち震えていた」と酷評されてしまった。

記者が思わずビビってしまったのは、蓮舫代表が手に持っているパネルを「バン!」と叩くシーン。映像開発に協力したピラミッドフィルムの小林亮太チーフディレクターによれば「蓮舫代表がVRということを意識して盛り込んだアドリブ」という。

蓮舫代表は、VR映像にどう迫力を持たせるか、演出の飲み込みが早く、顔を大きく近づけたり、身振り手振りを付け加えたりして「想定していた台本以上」という。

音声の収録には、人が音を認知するのと同条件で録音する「バイノーラル録音」を採用し、臨場感を高めたという。

「真面目にふざけました」

「真面目にふざけました」――民進党の大西健介参議院議員はそう話す。VR蓮舫をめぐっては、ネット上で「面白そう! やってみたい」「何をふざけているんだ」「税金の無駄遣いでは」など意見が大きく分かれた。

「もちろん賛否両論あったが、反響が大きかった。普段あまり政治に関心のない人にも注目してもらえた。そうした人の政治参加の入り口になるのでは」(大西議員)。

大西議員は「誤解があるようだが、そんなに予算がかかったわけではない」と説明。「ふざけているとの批判もあるが、(政治に無関心な若者がいる)超会議の場で真面目なことしても仕方がない」という。

「総理大臣の気持ちになって、どう答えるか、動揺しないでいられるか、考えながら体験してほしい。ユーザーの反応を見つつ、次年度のイベントだったり、それ以外の広報活動にも生かしたりしたい」(大西議員)

http://www.oricon.co.jp/article/180869/

スポンサーリンク

▼ネットの反応

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!