おすすめの記事

【民進党】今村復興相の辞任受け 参院ではきょう審議行わず…ネットの反応『息をするように審議拒否』


今村復興相の辞任受け 参院ではきょう審議行わず

自民党と民進党の参議院国会対策委員長が会談し、民進党が「今村復興大臣の発言は言語道断だ」と述べ、審議には応じられないという考えを伝えたのに対し、自民党も「真摯(しんし)に受け止める」と応じ、参議院では26日の審議は行われないことになりました。

今村復興大臣が被災者を傷つける発言をした責任を取りたいとして辞任することになったのを受けて、26日午前、自民党と民進党の参議院国会対策委員長が会談しました。

この中で、民進党の榛葉国会対策委員長は「今村大臣の発言は被災地の方々に寄り添っておらず、言語道断だ」と述べ、午前10時から開かれる予定の参議院本会議や、すべての委員会での審議には応じられないという考えを伝えました。

これに対し、自民党の松山参議院国会対策委員長は「極めて不適切な発言であり、与党としても、おわび申し上げ、真摯に受け止める」と応じ、参議院では26日の審議は行われないことになりました。

自民 松山参院国対委員長「おわび申し上げた」
自民党の松山参議院国会対策委員長は記者団に対し、「今村大臣の不適切な発言について、与党として、おわびを申し上げた。きょう予定された本会議やすべての委員会は流会になる。真摯に受け止めながら、1日でも早く国会を正常化すべく、野党にも理解を求めたい」と述べました。

民進 榛葉参院国対委員長「言語道断」
民進党の榛葉参議院国会対策委員長は記者団に対し、「言語道断で、評価にすらあたらない発言で、被災者や国民に申しわけない話だ。緩んだ内閣の辞任ドミノの始まりではないか」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170426/k10010961591000.html

スポンサーリンク

▼ネットの反応

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!