おすすめの記事

世界が認めた『日本人』に感動…100年前の日本人は世界最強の体力を誇る民族だった。


100年前の日本人は世界最強の体力を誇る民族だった

*この記事の内容に関しては、島田彰夫著「伝統食の復権」(東洋経済新報社)と「無意識の不健康」(農文協)、幾つもの他サイトからの転載や引用をさせていただきました。

明治期までの日本人が今と比べればとてつもない体力を持っていたということは、当時日本を訪れた外国人の残した多くの文献に記されている。

その一つにドイツ帝国の医師・ベルツの手による「ベルツの日記」です。

ベルツの日記

ベルツ(本名:エルヴィン・フォン・ベルツ)はライプツィヒ大学で内科を修めた後、27の歳に明治政府によって招聘され、以後29年間日本に滞在する。

幕末から明治にかけて日本が「殖産興業」を目的に先進技術や学問・制度を輸入するために雇用した、いわゆる「お雇い外国人」の一人だった。

東京医学校(後の東京大学医学部)において医学や栄養学を教授し、滞在中日本人女性(花子)を妻に娶っている。

そのベルツがある日東京から110km離れた日光に旅行をした。

当時のこととて道中馬を6回乗り替え、14時間かけやっと辿り着いたという。

しかし二度目に行った際は人力車を使ったのだが、なんと前回よりたった30分余分にかかった(14時間半)だけで着いてしまった。

しかもその間は一人の車夫が交替なしに車を引き続けたのだった。

普通に考えれば人間より馬の方が体力があるし格段に速いはずなのだが、これではまるで逆である。

この体力はいったいどこから来るのだろう。

スポンサーリンク

ベルツは驚いて車夫にその食事を確認したところ、「玄米のおにぎりと梅干し、味噌大根の千切りと沢庵」という答えだった。

聞けば平素の食事も、米・麦・粟・ジャガイモなどの典型的な低タンパク・低脂肪食。

もちろん肉など食べない。彼からみれば相当の粗食だった。

そこでベルツはこの車夫にドイツの進んだ栄養学を適用すればきっとより一層の力が出るだろう、ついでながらその成果を比較検証してみたいと、次のような実験を試みた。

ページ:

1

2 3
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!