おすすめの記事

社会的弱者を救い、社員の幸せを一番に考える社長が得たものとは…


大阪に山田硝子店という超優良企業があります。

ルクア、あべのハルカス、グランフロント大阪などの内装ガラス工事も、この会社が請け負いました。

年商約28億、従業員110名の中小企業ですが、50年にも渡って黒字経営を続ける老舗です。

現在、相談役の山田晶一さんは、1961年に父である初代社長の急死により、学生のまま、この会社の社長業を受けることになりました。

社長になった当時、この会社の経営状態は悲惨なものでした。

それまで実質的に会社の指揮をとっていた二人の姉の夫たち(義兄)が、とんでもない放漫経営をやっていたのです。

負債が一億数千万円(現在では十億ほどに相当)

二人の義兄が毎晩飲み歩き、その上、融通手形の乱発で大損をし、取引銀行からは見放され、高利貸しに多額の借金をしていたのです。

上がそうなら、腐敗は下にも及びます。

資材の横流しなど、不正を平気で行う空気が

蔓延していたそうです。

しかも山田さんが新社長に就任後、義兄は、優良な取引先すべてを抱えて退社し、自分で独立したのでした。

返す当てのない借金と心が乱れきった社員たち。

裏切りと背信に追いやられ、山田さんは死んで楽になりたいと思うようになりました。

大学を卒業してまだ2年目の山田さん、心はすっかり荒みきって、睡眠薬一瓶と縄跳びの紐を持ち、大阪城に足を向けました。

スポンサーリンク

山田さんは一気に一瓶の睡眠薬を飲み干し、桜の枝に紐を張りました。

そこから先の記憶は山田さんにありません。

幸いにして、桜の木の枝が折れ、倒れているところを通行人に発見されて一命を取り留めたのです。

ページ:

1

2 3
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!

アンケート投票