千葉小3遺棄、車から複数の毛髪・指紋 県警が鑑定進める

千葉県でベトナム国籍の同県松戸市立小3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、県警捜査本部が、渋谷恭正容疑者(46)=死体遺棄容疑で逮捕=の軽乗用車やキャンピングカーなどから、複数の毛髪や指紋を採取していたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査本部は女児のものがあるかどうか鑑定を進めている。

捜査関係者によると、渋谷容疑者は普段、自宅マンション駐車場に軽乗用車を置き、そこから約150メートル離れた駐車場にキャンピングカーを止めていた。軽乗用車は女児が連れ去られた3月24日朝、女児宅周辺の防犯カメラに映っていた。

女児の両親は同日、松戸市の自宅で記者会見。父のレェ・アイン・ハオさん(34)は遺影の置かれた祭壇前で「娘が死ななければならなかった理由がいつ明らかになるか心配だ」と話し、母親は「リンちゃんは日本のことが憧れで、大好きだった。このようなことが二度と起こってはならない」と強調した。〔共同〕

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG18HA6_Y7A410C1CC1000/

▼ネット上の反応

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事