おすすめの記事

【明治神宮 液体事件】中国人女2人指名手配 朴今玉容疑者(49)朴善愛容疑者(49)


明治神宮で液体まいた疑い 中国人の女2人に逮捕状

東京の明治神宮の鳥居などで油のような液体がまかれた事件で、防犯カメラの映像から、すでに出国した中国人の女2人が事件に関わったとして、警視庁は建造物損壊などの疑いで全国に指名手配しました。

京都や沖縄などでも同様の被害が確認されているため、各地の警察が関連を捜査することにしています。

指名手配されたのは、いずれも中国人で、朴今玉容疑者(49)と、朴善愛容疑者(49)の2人です。

警視庁の調べによりますと、2人は、今月3日の午前、東京の明治神宮の境内にある南神門や大鳥居など4か所で、15回にわたって油のような液体をかけたとして、建造物損壊と器物損壊の疑いが持たれています。

警視庁が付近の防犯カメラの映像を解析したところ、2人が液体をかける様子が写っていたことから、逮捕状を取ったということです。

これまでの調べで、2人は先月27日に日本に入国し、今月1日から都内に滞在したあと、4日の未明に羽田空港から出国していたと見られ、警視庁は再び入国する可能性もあるとして、全国に指名手配したということです。

都内では、今月に入って、徳川将軍家の菩提寺として知られる増上寺でも、液体がまかれたような跡が見つかったことから、警視庁は関連についても調べることにしています。

また、世界遺産に登録されている京都市の下鴨神社や、那覇市の首里城などでも同様の被害が確認されているため、各地の警察が関連を捜査することにしています。

スポンサーリンク

身柄の引き渡し

日本と中国の間には容疑者の身柄の引き渡し条約がないため、中国側が応じなければ、2人の身柄の引き渡しを受けることはできません。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!