おすすめの記事

米国が日本に「北朝鮮への軍事攻撃の可能性」を伝達 → 韓国ネットから不満の声「なぜ日本だけに?」「米国は韓国を同盟と考えていない?」


米国が日本に「北朝鮮への軍事攻撃の可能性」言及=韓国ネットから不満の声「なぜ日本だけに?」「米国は韓国を同盟と考えていない?」

2017年4月12日、韓国・聯合ニュースによると、北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり、米国政府が「北朝鮮に対して軍事行動に出る可能性がある」との考えを日本政府に伝えていたことが分かった。

複数の日米の外交消息筋によると、米国政府は米中首脳会談を前に行われた日米高官会議で、「中国の対応によっては北朝鮮に対する軍事攻撃に踏み切る可能性がある」と説明した。

同発言をした米国の高官は、この方針をドナルド・トランプ米大統領が中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席に伝えることを明らかにした上で、「中国が北朝鮮に圧力を掛けるか、米国が(北朝鮮を)攻撃するか、選択肢は二つしかない」と強調したという。

米国のこのような発言には、日米が中国に対して具体的な行動を促す意味が込められているものとみられている。

トランプ大統領は6〜7日(米国時間)に行われた米中首脳会談で、習近平国家主席に「中国が協力しなければ単独行動に出る」と強調していた。また、6日の安倍晋三首相との電話会談では「(北朝鮮問題に対応する)あらゆる選択肢がテーブルの上にある」などと発言した。

日本政府は米国に対し、「(北朝鮮を)攻撃すれば、日本が韓国と共に標的になる可能性がある」との懸念を伝えているという。

この報道は韓国のネットユーザーの間で注目を集め、約2000件のコメントが寄せられている。

コメントの中では「韓国は仲間外れ?なぜ日本だけに伝えた?」「韓国も標的になる可能性があるのに、なぜ韓国には教えてくれないの?」「外国では全員が知っていることを韓国の国防部だけが知らないという悲惨な現実…」「大統領のいない韓国は無視?」「米国は韓国を同盟ではなく北朝鮮を攻撃するための前哨基地と考えている」などと嘆く声や、「本当に恐ろしい。平和的に解決してほしい」「外からバイクの音が聞こえただけでもドキッとする」「韓国で暮らすのはつらい」「世界の戦争専門家らは今回、朝鮮半島で戦争が起きる確率を80%と予想している。それなのに、韓国のメディアだけが0%と伝えている…」などと不安がる声が目立った。

続きはソース>> http://www.recordchina.co.jp/b174984-s0-c10.html#

スポンサーリンク

▼ネット上の反応

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!