野田佳彦氏 民進党への批判について「ネットが一番つらい」→ ネットの反応「都合の悪い事を言われるとすぐブロックするくせに」


「ネットが一番つらい」民進・野田佳彦幹事長 党勢回復に苦しい胸の内

「ネットが一番つらい」-。

民進党の野田佳彦幹事長は12日、都内で市民グループ「市民連合」との対談に臨み、インターネット上で民進党への批判が強いことについて「われわれに非常に厳しく(自民党に)非常に甘い状況が生まれている」と苦しい胸のうちを語った。

野田氏は旧民主党時代から、ネット対策は「自民党より早かった」と言及したが、「今は批判ばかり」とも指摘。「発信だけでなく受け止めることが大事。みんなで徹して耳を傾ける運動をしていかなければいけない」と強調した。

「反対のための反対しかない」などと批判される国会対策をめぐっては、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法に反対した例をあげ、「カジノは反対だが、観光立国は賛成だ。いばらの道だが、個別の問題点をただしながら反対するところは反対するしかない」と述べた。

http://news.livedoor.com/article/detail/12927554/

野田佳彦


野田 佳彦(のだ よしひこ、1957年(昭和32年)5月20日 – )は、日本の政治家。民進党所属の衆議院議員、民進党幹事長(第2代)。
千葉県議会議員(2期)、財務副大臣(鳩山由紀夫内閣)、財務大臣(第14代)、内閣総理大臣(第95代)、民主党国会対策委員長(第7代・第10代)、民主党幹事長代理、民主党代表(第9代)、民主党最高顧問などを歴任。
野田佳彦 – Wikipedia

スポンサーリンク

▼ネット上の反応

ページ:

1

2

▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!